米、コロナ死者が50万人超に バイデン大統領が追悼

2021年2月23日 10時51分 (共同通信)
 米国で新型コロナウイルス感染による死者が累計50万人を超えたことについて発言するバイデン大統領=22日、ワシントン(ロイター=共同)

 米国で新型コロナウイルス感染による死者が累計50万人を超えたことについて発言するバイデン大統領=22日、ワシントン(ロイター=共同)

  •  米国で新型コロナウイルス感染による死者が累計50万人を超えたことについて発言するバイデン大統領=22日、ワシントン(ロイター=共同)
 【ワシントン共同】米ジョンズ・ホプキンズ大の集計によると、米国での新型コロナによる死者が22日、累計で50万人を超えた。感染者は2800万人超で、いずれも他国を大きく上回り世界最多。バイデン大統領はホワイトハウスで演説し「政治対立と誤った情報で多くの命を失った」として犠牲者らを追悼し感染収束への決意を示した。
 昨年1月に米国で初めて感染者が確認されてから1年余り。バイデン氏は「第1次、第2次世界大戦とベトナム戦争を合わせた米国人の死者数より多い」と強調。ハリス副大統領らと黙とうをささげるとともに、連邦政府機関に26日の日没まで半旗を掲げるよう指示した。

関連キーワード

PR情報

主要ニュースの新着

記事一覧