<新型コロナ>神奈川県で新たに97人感染、5人が死亡 2日連続で新規感染者数100人下回る

2021年2月23日 18時18分

神奈川県庁

 神奈川県内で23日、新型コロナウイルスに感染した5人の死亡と、97人の感染が明らかになった。感染経路不明は45人。県と5市の保健当局が発表した。1日当たりの新規感染者数は2日連続で100人を下回った。
 県は2人の死亡を発表した。平塚市の80代男性は平塚保健福祉事務所管内の高齢者福祉施設の、横浜市の90代女性は同市内の高齢者施設の利用者。いずれの施設もクラスター(感染者集団)が発生し、2人は感染が分かる前に症状が出て病院に搬送されていた。新規感染者は14人。
 横浜市は70代男性の死亡と44人の感染を発表した。男性は1月14日にせきなどの症状が現れ、25日に自宅で倒れているのを家族が発見。病院に搬送されてPCR検査を受け、感染が判明した。当初から重症で2月16日に死亡した。感染経路不明。新規感染者のうち60~90代の13人はクラスターが発生した特別養護老人ホームの利用者。この施設の感染者は計22人になった。
 川崎市は90代女性の死亡と30人の感染を発表した。女性はクラスターが発生した市立井田病院(中原区)に入院していた。19日に陽性が判明、基礎疾患があった。同病院では看護師2人の感染も判明し、感染者は15人になった。入居者と職員各1人の感染が判明していた川崎区の有料老人ホームで入居者の70~80代男女3人の陽性が分かり、クラスターに認定した。クラスターが発生した同区の特別養護施設で介護士1人の陽性が分かり、感染者は計8人になった。このほか、市は交通局井田営業所に勤務する40代男性のバス運転手の感染を発表。乗客に濃厚接触者はいないという。
 横須賀市は70代男性の死亡と1人の感染を発表した。男性は、家族の感染が分かった1月下旬に検査を受けて陰性だったが、2月6日に発熱し、8日に容体が急激に悪くなり救急搬送されて感染が判明し、治療を受けていた。
 相模原市は5人の感染を発表した。このうち70代女性はさがみリハビリテーション病院(中央区)の入院患者。クラスターは10人になった。
 藤沢市は3人の感染を発表した。うち40代女性はクラスターが発生した市内の高齢者施設の職員。感染者は計19人となった。

PR情報

主要ニュースの新着

記事一覧