センバツで東海大菅生 初戦は聖カタリナ学園

2021年2月24日 06時36分
 三月十九日に甲子園球場で開幕する選抜高校野球大会の組み合わせ抽せん会が二十三日、新型コロナウイルス感染防止のためオンラインで行われ、都代表として出場する東海大菅生(あきる野市)の初戦は1回戦で、聖カタリナ学園(愛媛県)と、大会5日目の三月二十三日に第1試合(午前九時開始予定)で対戦することが決まった。
 出場校の主将らは各学校からリモートで参加し、くじを引いた。
 東海大菅生は6年ぶり4回目の出場。栄塁唯(るい)主将(2年)=写真=は「センバツ大会ではまだ1勝もできていない。一戦必勝で戦いたい」と意気込みを語った。
 対戦する聖カタリナ学園は初出場。小沢武門主将(同)は「相手は強豪だが、ひるむことなく粘り強い野球をしたい」と話した。 (西川正志)

関連キーワード

PR情報

東京の新着

記事一覧