出題。ノルウェーの画家ムンクの代表作「叫び」。その絵の男と…

2021年2月24日 07時26分
 出題。ノルウェーの画家ムンクの代表作「叫び」。その絵の男と同じ格好をしてみてください▼題名に惑わされ、口に両手を当て、叫ぶような格好をするのは間違い。あの男は叫んでいるのではなく、聞こえてくる叫びに耳をふさいでいる。ムンクの心の中の不安を描いている▼その絵を巡る論争に決着がついたか。「叫び」は一点だけではなく、同じ題名、構図の作品が複数あるが、一八九三年に描かれた「叫び」の左上部に落書きがあることは一九〇四年から分かっていた。問題はだれが書いたか▼鉛筆書きでかろうじて読める落書きの言葉はこうだ。「狂った人間にしか描けない」。不届き者が書き込んだという説が有力だった▼そうではなかった。ノルウェーの国立美術館が細かく調べ、ムンクの日記の文字と照らし合わせた結果、ムンク自身が書き込んだ可能性が高いらしい。ムンクは長く、憂鬱(ゆううつ)な気分に悩まされていたそうだが、発表当初の酷評や精神状態を疑われたことに腹を立てたのか、自分で、その言葉を加えたという見立てである▼絵の男は叫んでいなかったが、ムンクは落書きで怒りの叫びを上げていたのか。狂った人間はともかくムンクにしか描けぬ、その作品は世界で最も有名な近代絵画の一枚となった。試しにスマホに「叫び」あるいは「ムンク」と打ってみてください。どんな絵文字が出てきますか。

関連キーワード

PR情報

筆洗の新着

記事一覧