栃木の山火事、消火続く 足利、陸自ヘリが活動

2021年2月24日 11時50分 (共同通信)
 21日に発生し、依然、煙が上がる山林火災の現場で消火活動に当たるヘリコプター=24日午前10時、栃木県足利市(共同通信社ヘリから)

 21日に発生し、依然、煙が上がる山林火災の現場で消火活動に当たるヘリコプター=24日午前10時、栃木県足利市(共同通信社ヘリから)

  •  21日に発生し、依然、煙が上がる山林火災の現場で消火活動に当たるヘリコプター=24日午前10時、栃木県足利市(共同通信社ヘリから)
  •  21日に発生し、依然、煙が上がる山林火災の現場=24日午前9時58分、栃木県足利市(共同通信社ヘリから)
 栃木県足利市西宮町の山林で起きた火災は24日も燃え続け、同日午前から、陸上自衛隊のヘリコプターの散水や足利市消防本部などによる消火活動が続けられた。同本部によると、焼失面積は23日時点までには10ヘクタールが確認されたが、さらに拡大しているとみられる。
 21日午後3時半ごろ、山林が燃えていると登山者から119番があった。22日からは県の防災ヘリに加え、茨城県や埼玉県、自衛隊のヘリも出動して消火活動にあたったが、延焼は続き、市は23日に約70世帯に避難勧告を出した。

関連キーワード

PR情報