「津田沼パルコ」と「新所沢パルコ」閉店へ 競争激化で取扱高減少

2021年2月24日 17時30分
津田沼パルコの閉店を知らせるニュースリリース
 

津田沼パルコの閉店を知らせるニュースリリース  

 大丸や松坂屋を運営するJ・フロントリテイリングは24日、傘下のパルコが運営する津田沼パルコ(千葉県船橋市)を2023年2月末に、新所沢パルコ(埼玉県所沢市)を24年2月末にそれぞれ閉店すると発表した。周辺の商業施設との競争激化で、テナントの取扱高の減少が続いていた。
 津田沼パルコは1977年開業で、2020年2月期の取扱高は119億円。ピークの1992年2月期の188億円から約4割減少していた。新所沢パルコは83年開業で、2020年2月期の取扱高は100億円。施設の老朽化による修繕費も今後見込まれるため営業を終了する。
 両店のテナント管理などに当たっていた従業員計20人は配置転換で雇用を継続する。(共同)

関連キーワード

PR情報

主要ニュースの新着

記事一覧