<新型コロナ>神奈川県で93人感染 川崎の保育所で15人、クラスターに

2021年2月24日 18時37分
 神奈川県内で24日、新型コロナウイルスに感染した8人の死亡と、93人の感染が明らかになった。感染経路不明は36人。県と6市の保健当局が発表した。新規感染者数は3日連続で90人台となった。
 横浜市は3人の死亡を発表した。90代女性は港南台病院(港南区)の入院患者、70代男性は済生会若草病院(金沢区)の入院患者、別の70代男性は市内の特別養護老人ホームの入所者。いずれもクラスター(感染者集団)が発生していた。新規感染者は31人。汐見台病院(磯子区)で職員1人の感染が新たに分かり、クラスターは計32人になった。
 県は70~80代の男性3人の死亡を発表。いずれも既往症があり、自宅生活中に発症し、陽性判明後に入院していた。新規感染者は13人。このうち20~40代の男女4人は、県央地区の民間保育施設職員。感染者は計6人となり、クラスターと認定した。保育施設は22日から臨時休業している。
 川崎市は80代の男女2人が亡くなったと発表した。このうち幸区の女性は家庭内感染とみられ、14日に陽性と判明。中等症と診断され、入院した市内の病院で23日、死亡が確認された。32人の新規感染も発表。川崎区の保育所で保育士9人と園児4人の陽性が判明。既に陽性となった職員2人を含め感染者数は計15人となり、クラスターと認定した。いずれも軽症か無症状という。多摩区の高齢者デイサービス施設でも介護士2人と利用者2人の陽性が判明し、計8人のクラスターに。クラスターが起きた川崎区の特別養護老人ホームで入居者1人が陽性となり、感染者数は計9人となった。
 横須賀市は7人、相模原市は4人、藤沢市と茅ケ崎市はそれぞれ3人の感染を発表した。

神奈川県庁

関連キーワード

PR情報

神奈川の新着

記事一覧