<新型コロナ>茨城県で新たに58人感染 神栖市の高齢者施設でクラスター

2021年2月24日 19時57分

茨城県庁

 茨城県は24日、神栖市の高齢者施設でクラスター(感染者集団)が発生するなどしたため、新たに58人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。感染者は計5669人になった。
【関連記事】高齢者のワクチン接種は4月12日から 菅首相が表明

 また県は、県内の医療機関に入院していた70代と60代の男性が死亡したと発表した。県内の死者は計105人になった。
 新規感染者の居住地の内訳は、神栖市33人、鹿嶋市4人、潮来、筑西市、美浦村各3人、常総市2人など。
 神栖市の高齢者施設で感染が公表されたのは、入所者26人と職員12人。このほか職員1人の感染が県外で確認されており、この施設の感染者は計39人となっている。
 坂東市の事業所では集団検査で1人の感染が判明し、計60人になった。
 県と水戸市は計31人の退院などを公表。退院者などは計5100人になった。(保坂千裕)

関連キーワード

PR情報

主要ニュースの新着

記事一覧