菅首相「女性広報官として期待」 7万円接待の山田真貴子氏を続投の考え 

2021年2月24日 20時33分
菅義偉首相

菅義偉首相

 菅義偉首相は24日、首相の長男・正剛氏が勤める放送事業会社「東北新社」による接待問題で、正剛氏側から7万4千円の接待を受けていた山田真貴子・内閣広報官について「山田広報官は、真摯に反省をしている。今後とも職務に頑張ってほしい」と述べ、続投させる考えを明らかにした。記者団の取材に答えた。
 菅首相は「山田広報官が、かつて国家公務員倫理法違反の案件があったことは、極めて遺憾。私自身、任命する際には違反行為は承知をしていなかった」とした上で、「山田広報官は真摯に反省をし、給与を返納していることも事実。女性の広報官として期待をしておりますので、そのまま専念してほしい」と述べた。
 また長男の問題について、首相が説明責任を果たしているかを問われると「私の長男が関係して、結果的には、国家公務員法違反の行為をさせてしまった。このことについては大変申し訳なく、国民の皆さんにお詫びを申し上げたい」とする一方、「私は誠心誠意説明させていただいています」と強調した。
 さらに菅首相は「東北新社がなぜ、これだけ会食をしたのか」「東北新社だけが会食を重ねることができたことについて、疑問には思わないか」と問われると「私は全く承知しておりませんでした。そうしたことについては、しっか り襟を正していくべきと思っています」「総務省でしっかり調査をされる、こういうふうに思っています」と語った。

関連キーワード

PR情報

主要ニュースの新着

記事一覧