地域ブランド「御」でPR 御殿場市観光協会 手作りあめ、風呂敷など販売

2021年2月25日 08時04分

オリジナル地域ブランドの各商品=御殿場市役所で

 御殿場市観光協会は会員事業者の商品を扱うオリジナル地域ブランド「FUJISAN BRAND 御(おん)」を新たにつくり、23日に販売を始めた。
 富士山麓の粉末茶を練り込んだ手作りのあめ「御茶飴(おちゃめ)」(420円)や、富士山の等高線をイメージした図柄の風呂敷(2980円)など、5商品を販売。ベーコン・ハムセット(1万円)のように、複数事業者の商品の詰め合わせセットもある。
 JR御殿場駅前の観光案内所で販売し、今後はふるさと納税の返礼品や通信販売も活用する計画だ。
 御殿場市は首都圏からの来訪が多い観光都市だが、新型コロナウイルス禍で観光客が激減。ちょうど1年前に観光案内所を現在地に移転オープンしたが、コロナ拡散と時期が重なり、案内所への来訪者も前年比でほぼ半減したという。
 宿泊施設や飲食店などが大きな打撃を受けており、会員事業者の販路拡大を支援しようと、昨夏ごろから地域ブランドづくりを準備してきた。 (佐野周平)

関連キーワード


おすすめ情報

静岡の新着

記事一覧