<コロナ緊急事態>神奈川は宣言解除見送り 知事「基準に及ばず残念」

2020年5月22日 02時00分
 政府が県の緊急事態宣言の解除を見送ったことについて、黒岩祐治知事は二十一日、「基準に及ばなかったので、残念だが仕方ない」と述べ、外出自粛と休業を継続するよう県民に改めて呼び掛けた。
 この日まで一週間の新規感染者数は八十人で、前の一週間(九十二人)より減った。しかし、人口十万人当たり〇・八七人で、解除基準を大幅に上回った。
 新規感染者は院内感染の起きた病院の医療従事者や入院患者が多く、八十人のうち感染経路がたどれない人は二十六人で、割合は32・5%。国が示した解除の目安のうち、医療提供体制と検査体制はクリアしているという。
 政府は二十五日に改めて宣言解除するかを判断するとしている。黒岩知事は「祈るような気持ち。解除後は経済のエンジンを回していきたい」と語った。 (石原真樹)

関連キーワード

PR情報

神奈川の最新ニュース

記事一覧