ネスカフェ 香味焙煎 文通陶磁器 個性象る珈琲マグ当たる

2021年2月26日 07時49分

キャンペーンのキービジュアル

 日本古来の作陶技術を継承し今も生産が続いている代表的な6つの産地、越前・瀬戸・常滑・信楽・丹波・備前をまとめて「日本六古窯(こよう)」と呼ぶ。ネスレ日本(本社・神戸市)は、日本六古窯との共同企画「ネスカフェ 香味焙煎(ばいせん) 文通陶磁器〜職人があなたを象(かたど)る珈琲(コーヒー)マグ〜」を実施中(4月30日まで)。
 特設サイトに掲載された、各窯元の職人からのメッセージに返信を書いて応募すると、職人が当選者本人をイメージして焼いたマグカップが当たる、というもの。文通気分も味わえて、ほっと心和むプレゼントだ。
 賞品は1等(各地域につき5人、計30人)が「ネスカフェ 香味焙煎 豊香(ゆたか)/柔香(やわらか) 60g セット」と当選者本人をイメージしたオリジナル陶磁器&職人からの手紙。2等(各地域200人、計1200人)でも香味焙煎セットと陶磁器がもらえる。
 ネスレ日本によると、1998年誕生の香味焙煎は、日本人向けに作られた日本独自のブランド。香りとコクにさらに磨きをかけて昨秋リニューアルしたことから、日本六古窯との共同企画を発案。
 「コーヒーは入れるカップによっても立つ香りや味わいが違ってきます。それを知っていただきたいのと、コロナ禍が落ち着いたら各産地を訪れてほしい思いもあります」(同社広報)
 ネスレ通販オンラインショップでは対象商品購入者に向けて備前焼陶磁器が当たるキャンペーンも実施中(5月31日まで)。
 焼き物ごとのコーヒーの味がわかれば、違いのわかる男&女になれそうだ。 (村手久枝)
◇応募資格は日本国内在住で当選連絡先も国内、またネスレ会員に登録し、ネスレからのメールを受信できること。当選発表は賞品の発送(1等は今年9月末ごろ、2等は同6月末ごろ)をもって代える。(電)0120・00・5916(9〜19時)お客様相談室

関連キーワード

PR情報

おでかけ情報の新着

記事一覧