<新型コロナ>茨城県で30人が新規感染 神栖市の高齢者施設は職員2人増え計42人に

2021年2月27日 21時17分
(左から)茨城県警、茨城県庁、茨城県県議会

(左から)茨城県警、茨城県庁、茨城県県議会

 茨城県と水戸市は27日、新たに30人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内の感染者は計5740人になった。
 居住地の内訳は、常総市6人、つくば市4人、守谷、鹿嶋市各3人など。
 クラスター(感染者集団)の発生関連では、那珂市内の病院で新たに40代の医療従事者の男性が感染。感染者は計74人となった。
 坂東市内の事業所では、20代の男性2人の感染が判明し、この事業所の感染者は計64人になった。
 神栖市内の高齢者福祉施設でも、20代と40代の女性職員が感染。施設の感染者は計42人となった。
 県と水戸市は37人が退院したなどと発表。退院者などは計5187人になった。(出来田敬司)

関連キーワード

PR情報

茨城の新着

記事一覧