<新型コロナ>神奈川県では新たに131人感染、1人が死亡 横浜の特養などでクラスター

2021年2月28日 17時35分

神奈川県庁

 神奈川県内で28日、新型コロナウイルスに感染した1人の死亡と、131人の感染が明らかになった。感染経路不明は41人。県と5市の保健当局が発表した。
 横浜市は40人の感染を発表した。80代女性は市内の特別養護老人ホーム(特養)の利用者で、施設での感染者は計5人となり、市はクラスター(感染者集団)と認定した。別の特養では、新たに3人の感染が分かり、クラスターは46人になった。
 川崎市は10代~80代の男女18人の感染を発表した。うち11人の感染経路が不明という。クラスターが13人となっていた川崎区の特養で新たに入居者1人の陽性が分かった。
 相模原市は80代女性の死亡と34人の感染を発表した。女性は1月12日に陽性と分かり市外の病院に入院、同月25日に死亡したが、その後病院からの報告がなく、市が問い合わせて分かったという。クラスターが起きた相模原南病院で患者ら25人、さがみリハビリテーション病院で患者1人が新たに陽性となり、累計は各31人、11人となった。
 県は26人の感染を発表。クラスターが発生している厚木保健福祉事務所管内の民間保育園に園児を通わせている3家族で計6人が感染した。園ではこれまでに園児と職員合わせて30人が感染している。
 横須賀市は市内2人と三浦市の1人の感染を発表。藤沢市は10人の感染を発表した。

PR情報

神奈川の新着

記事一覧