今年もフクロウ来たよ 日の出町・谷戸沢処分場

2021年3月1日 07時20分

巣箱に営巣を始めたフクロウ=東京たま広域資源循環組合提供

 日の出町の谷戸沢(やとざわ)廃棄物広域処分場敷地内で、フクロウが巣箱に営巣し、2個の卵を抱卵しているのが確認された。営巣は昨年を除いて2016年から毎年確認されている。
 巣箱は、処分場を管理する東京たま広域資源循環組合が敷地内の林に設置。2月20日、巣箱内に仕掛けたカメラがフクロウが巣にとどまっているのを撮影した。その後、2個の卵も確認した。
 同組合によると、今月下旬ごろにはひなの姿が見られそうだという。組合はひなが巣立つゴールデンウイークごろまで随時、ホームページに写真を掲載する。アドレスは、https://www.tama-junkankumiai.com/ (布施谷航)

関連キーワード

PR情報

東京の新着

記事一覧