【動画あり】「私も被害者」今後は言わない…大村知事リコール運動支援の河村名古屋市長が謝罪「気づけず申し訳ない」

2021年3月1日 20時15分
 大村秀章愛知県知事に対するリコール運動を支援した河村たかし名古屋市長は1日の定例記者会見で、不正署名問題に関し「こんなことになってしまい、早く気づけなかったことには申し訳ない」と述べた。正当に署名活動をした人たちに向けた言葉で、不正の疑惑が浮上して以降、河村市長が謝罪したのは初めて。

険しい表情で記者会見する河村たかし市長=1日午前、名古屋市役所で

◆不正関与は否定

 河村市長は「まず本当に無関係。思いも寄らなかった。残念どころではなく悔しい」と、不正に関与していないとの見解を示した上で、陳謝した。名古屋市中川区では、無効の署名が9割以上に達していることに触れ「市民全体でそういう人間かと思われる。そういうことについては申し訳ない」とも述べた。
 これまで「私も被害者」と述べていたことに関しては「加害者ではないという意味で発言していた。責任を逃れるとかそういうことではない」と説明。「本当に被害者という意識もある。これだけ努力して(不正を)全く知らされていなかった」とも述べたが、今後はこうした表現を使わない意向を示した。

◆「首謀者」めぐり応酬

 大村知事がかねて河村市長をリコール運動の「首謀者」と位置付けていることには、「首謀者という言葉には抗議し撤回してくれと言っている」と話した。
 一方の大村知事は1日の会見で「河村氏が首謀した活動の中で何が行われたのか。まずは調査をし、明快に説明していただくことが先だ」と語った。

関連キーワード

PR情報

動画の新着

記事一覧