<社説>山田広報官辞職 疑問に答えぬ不誠実

2021年3月2日 07時00分
 山田真貴子内閣広報官が辞職した。体調不良が理由であり、高額接待の責任を取ったわけではない。衆院予算委員会にも欠席した。国民の疑問に答えぬままの退場は、あまりに不誠実ではないか。
 現職の総務審議官当時、菅義偉首相の長男・正剛(せいごう)氏が勤める放送事業会社「東北新社」から七万四千円超の高額接待を受けていたとなれば、内閣広報官としてもはや適任とは言えない。とはいえ、辞職したり、給与の一部を返納したりすれば済む話でもない。
 山田氏を含む総務省幹部への一連の接待が、国家公務員倫理法に基づく倫理規程に反するのは当然としても、さらに追及すべきは東北新社への便宜の有無である。
 接待時期が、同社関連の放送事業の許認可時期と重なるのは、単なる偶然なのか。その点を明らかにすることなしに、この問題に終止符を打つことはできない。
 山田氏は先月二十五日に続き、きのう一日の衆院予算委員会への出席も求められていた。当初は自ら辞表を提出することはないと言いながら、一転して、委員会直前の辞職と国会欠席である。
 この間、何があったのか、体調不良だけが理由なのか。山田氏と任命権者の首相は国民に説明する義務から逃れられない。
 そもそも首相は緊急事態宣言の六府県での先行解除を発表した二十六日、記者会見を見送り、官邸玄関で取材を受けるにとどめた。
 首相が会見の場で一部解除の理由を説明し、引き続き感染防止への協力を呼びかけるべき局面だ。にもかかわらず、会見を見送ったのは、司会を務める山田氏を、追及の矢面に立たせないためと受け止められても仕方があるまい。
 山田氏は月額給与の十分の六相当額を自主返納したが、総務省を退職したとして倫理規程に基づく処分も受けていない。今回の辞職も体調不良が理由で、高額接待を受けた責任問題はうやむやだ。
 国会は、山田氏の体調が回復次第、参考人か証人として出席を求め、接待の詳細について引き続き追及すべきである。
 接待問題が発覚しながら山田氏を続投させた首相の責任も重大だ。後手の対応は政治への不信を募らせ、国会審議にも影響も与えた。
 長男は別人格とはいえ、首相との関係が、接待の申し出を断りづらくした面はないのか。
 森友・加計両学園や「桜を見る会」の問題と通底する、政権中枢に近い者を優遇する政治の在り方そのものが問われている。

関連キーワード

PR情報