<国際編>「次世代の100人」に鬼滅の作者

2021年3月2日 07時04分

「鬼滅の刃」の単行本

 アメリカの雑誌(ざっし)タイムは2月17日、世界で最も影響力(えいきょうりょく)がある「次世代の100人」を発表し、日本から大ヒット漫画(まんが)「鬼滅(きめつ)の刃(やいば)」の原作者、吾峠呼世晴(ごとうげこよはる)さんを選びました。
 タイムは日本で映画(えいが)「劇場版(げきじょうばん)『鬼滅の刃』無限列車編(むげんれっしゃへん)」の興行収入(こうぎょうしゅうにゅう)が歴代(れきだい)1位となった功績(こうせき)などを紹介(しょうかい)し、吾峠さんを「謎(なぞ)の作家」と説明。吾峠さんは出身地や生年月日を公表していません。
 アメリカのバイデン大統領(だいとうりょう)の就任式(しゅうにんしき)で、自分で作った詩を読んだ黒人女性(じょせい)の詩人アマンダ・ゴーマンさん(22)らとともに選びました。
 タイムは政治(せいじ)、芸能(げいのう)、スポーツなど、さまざまな分野から今後活躍(かつやく)しそうな人を選んでいます。フィンランドの女性首相(しゅしょう)マリンさん(35)や、イギリスの女性歌手デュア・リパさん(25)も選ばれました。

関連キーワード

PR情報