ショパンコンクール in ASIA 小6・小石君「金2つも取れるなんて」

2021年3月2日 07時05分

金賞をダブル受賞した小石君=八王子市で

 八王子市立第一小六年の小石龍之介君(12)が、一月に開かれたピアノの国際コンクールで、二つの金賞を受賞した。受賞したのは、いずれもコンチェルト(協奏曲)部門の「中学生以下の部」と「高校生以下の部」。年上の中高生らと競い合い、最優秀の栄冠を手にした。 (布施谷航)
 コンクールは「第二十二回ショパン国際ピアノコンクール in ASIA」。ソロとコンチェルトで年代別に約二十部門に分かれて技術や音楽性を競う。過去に国内外の著名ピアニストが受賞しており、今年は日本のほか、シンガポールや香港などから約二千七百人がエントリーした。
 小石君は、昨年は小学生以下の部門に出場し、銅賞を受賞。今年は中学生以下の部のみの出場を考えていたが、応募間際に「どうしても弾いてみたい」と高校生以下の部への出場を決めた。今年はコロナ禍のため、伴奏者によるピアノとの協奏を動画で送る方式に変更されたため、都内のスタジオに何度も通って動画を撮影した。
 二つの課題曲を繰り返し弾き続け「もう悔いはない」と送った動画は、並み居るライバルを抑えて最高賞に。「二つも金を取れるなんて思っていなかった」と一月十八日の結果発表を振り返る。普段から演奏を指導する国立音大卒の父、明さん(52)も「受賞してからピアノに向かう姿勢が変わった。殻を破ったみたい」と成長に目を細める。
 「『なんかすごい』じゃなくて『ぞくぞくする』と感じてもらえるようなピアノを弾きたい」とさらに意欲を見せる小石君。
 明さんは「ピアノの表現には『せつなさ』や『はかなさ』も求められる。技術はもちろん、この時期ならではのいろいろな経験を積んでほしい」と四月からの中学生活にエールを送った。

自宅で練習する小石君 =小石さん提供


関連キーワード

PR情報

東京の新着

記事一覧