丸川珠代五輪相に「アジアンビューティーと呼ばれ、人気あった」自民議員、衆院予算委で質問

2021年3月2日 13時07分
五輪相、男女共同参画相などに就任し、記者会見に臨む丸川珠代氏=18日、内閣府で(共同)

五輪相、男女共同参画相などに就任し、記者会見に臨む丸川珠代氏=18日、内閣府で(共同)

 自民党の鬼木誠議員は2日の衆院予算委員会の質問で、丸川珠代五輪相について、「各国首脳からもアジアンビューティーと呼ばれ、人気があった」と容姿や人種をあげて称賛し、ざわめきが起きた。丸川氏は、男女共同参画担当大臣も兼務する。
 2015年12月、COP21がパリで開かれた。当時環境大臣を務めていた丸川氏の下、鬼木氏は環境大臣政務官として会議に参加した。鬼木氏はこの日の予算委で、丸川氏に「パリ協定締結に向けて国際的な交渉を重ねた当時の思い出」を尋ねた。
 丸川氏は、鬼木氏に対して「国際機関の実務者トップと交渉をしていただきまして、全体の合意に向けて、非常な重要な役割を担っていただきました。心から感謝を申し上げたい」と応じた。
 続いて鬼木氏は、丸川氏が各国の大臣級や首脳らと会談を進めたと紹介し、「各国首脳からもアジアンビューティーと呼ばれ、大変人気があったという話も現地で聞こえておりました」と述べた。
 さらに「ぜひ東京五輪・パラリンピックにおいても、さまざまな国との交渉、交流を深められ、世界が一つになる祭典を成功させていただきたいと思います」と期待を込めた。
 森喜朗元首相の女性蔑視発言の一連の問題を受けて、丸川氏は五輪担当と男女共同参画担当大臣に就いていた。

関連キーワード

PR情報

政治の新着

記事一覧