五輪組織委理事4割女性へ 高橋尚子さんら12人が候補、バレー荒木田裕子さんが副会長に

2021年3月2日 19時08分
高橋尚子さん

高橋尚子さん

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は2日、東京都内で理事会を開き、「男女平等」の取り組みとして、五輪マラソン金メダリストの高橋尚子さん、パラリンピックのアルペンスキー金メダリスト大日方邦子おびなたくにこさんら新たに12人の女性理事候補を選出した。関係者が明らかにした。3日の評議員会で承認される見通し。
 組織委は森喜朗前会長が女性蔑視発言で辞任したことを受け、後を継いだ橋本聖子会長が男女平等推進のため、女性理事の割合を40%に引き上げる目標を掲げていたが、4割超で実現する見通しとなった。
 他に理事候補に選ばれたのは、元外務省経済局長で日本ラグビー協会理事の斎木尚子さん、登別アシリの会代表の芳賀はが美津枝さん、株式会社イー・ウーマン社長の佐々木かをりさん、日本オリンピック委員会(JOC)常務理事の籾井もみい圭子さん、中京大スポーツ科学部教授の來田享子らいたきょうこさんら。
 理事会では、1976年モントリオール五輪で金メダルを獲得したバレーボール女子日本代表のメンバーで、国際オリンピック委員会(IOC)プログラム委員の荒木田裕子さんを副会長に選任した。(共同)

関連キーワード

PR情報

主要ニュースの新着

記事一覧