<新型コロナ>神奈川・黒岩知事 緊急事態宣言「県の数字だけ見れば、解除も視野」

2021年3月2日 22時18分
黒岩祐治知事

黒岩祐治知事

 神奈川県の黒岩祐治知事は2日、報道陣の取材に応じ、緊急事態宣言を7日に解除できるかについて「県の数字だけ見れば解除も視野に入るが、感染者数の減り方は下げ止まっている。ステージ4の指標にある他県もあり、ぎりぎりまで状況を見たい。神奈川も明日にはどーんと増えるかもしれない」と話した。
 同県の2月下旬の1日当たりの新規感染者は100人前後、すぐに使える「即応病床」の使用率は40%台と、ともに1カ月前の半分以下になった。感染状況を示す指標のうち、確保想定病床の使用率は29・3%でステージ3(20%以上)、他はステージに2に改善した。ただ、2月1日の週の新規感染者数は前週比44%減だったが、同22日の週は横ばいにとどまり、減少ペースは鈍化している。
 同県は、ワクチン接種は短期間でできるか展望が見えないなどとして、仮に7日に緊急事態宣言が解除されても、飲食店への時短営業要請は続ける方針という。(志村彰太)

関連キーワード

PR情報

神奈川の新着

記事一覧