山田真貴子内閣広報官の後任に小野日子外務副報道官を異例の抜てき 接待問題からの立て直し図る

2021年3月3日 10時23分
外務省の小野日子外務副報道官(共同)

外務省の小野日子外務副報道官(共同)

 政府は3日の持ち回り閣議で、菅義偉首相の長男側からの接待問題で事実上引責辞任した山田真貴子内閣広報官(60)の後任に、外務省の小野 日子ひかりこ外務副報道官兼報道・広報・文化交流担当、アジア大洋州局審議官(55)を充てる人事を決めた。政府関係者が明らかにした。内閣広報官は次官級ポストとされ、審議官の小野氏が就くのは異例の抜てきとなる。接待問題で揺らいだ態勢立て直しを図りたい考えだ。
 小野氏は一橋大卒。1988年に外務省に入省し、官邸の国際広報担当や、東京五輪・パラリンピック組織委員会の報道官に当たるスポークスパーソンなどを歴任した。2020年4月、外務副報道官に就任した。
 山田氏は総務審議官だった19年11月、首相の長男側から7万円超の飲食接待を受けたことが今年2月に発覚。3月1日に体調不良を理由に辞職した。事実上の引責辞任。
 内閣広報官は2人連続で女性が務めることになる。 (共同)

関連キーワード

PR情報