菅首相、東北新社は総務省の利害関係者と認識 参院予算委

2021年3月3日 11時28分
参院予算委で立憲民主党の森裕子氏(右手前から2人目)の質問に答弁する菅首相(左手前)=3日午前(共同)

参院予算委で立憲民主党の森裕子氏(右手前から2人目)の質問に答弁する菅首相(左手前)=3日午前(共同)

 菅義偉首相は3日の参院予算委員会で、総務省幹部を違法に接待した長男正剛氏が勤める放送事業会社「東北新社」について、正剛氏の就職当時から総務省の利害関係者と認識していたと認めた。「放送に関与することは知っていた」と述べた。新型コロナウイルス感染症対策などを盛り込んだ2021年度予算案は参院予算委で実質審議入りした。
 立憲民主党の森裕子氏は、東北新社に放送事業の許認可を出した際の決裁文書に、接待の同席者の名前が明記されていると指摘。決裁した吉田真人総務審議官に「利害関係者との認識がなかったというのは本当か」と迫ったが、吉田氏は「会食時点で利害関係者に当たると認識していなかった」と釈明した。
 武田良太総務相は「都合のいい解釈による軽率な行為だった」と指摘し、重ねて陳謝した。 (共同)

関連キーワード

PR情報

政治の新着

記事一覧