菅首相、1都3県のコロナ緊急事態宣言を2週間程度延長の方針

2021年3月3日 18時38分

3日、参院予算委で答弁する菅首相

 菅義偉首相は3日、首都圏1都3県に発令中の新型コロナウイルス緊急事態宣言に関し、7日の期限を2週間程度延長する方針を表明した。理由について、病床が逼迫していることを挙げ「国民の命と暮らしを守るためだ」と説明した。官邸で記者団に語った。
 東京都の小池百合子知事は解除に慎重な姿勢。埼玉県の大野元裕知事も3日午前に「現状では単純に全面解除する選択はない」と述べ、何らかの対応継続が必要との考えを示している。
 菅首相は3日の参院予算委員会で解除の可否を巡り、感染者数や病床の逼迫具合に加え「変異株の状況」も判断要素になると指摘した。「専門家の意見を聞きながら総合的に判断する」とも語った。
 厚労省に新型コロナ対策を助言する専門家組織会合の意見を踏まえ、政府は、5日午前に専門家らで構成する諮問委員会に政府方針を諮り、同日夜の政府対策本部で決定する予定だ。(共同)

関連キーワード

PR情報

政治の新着

記事一覧