<新型コロナ>千葉県では減少傾向定着せず新たに164人感染 2医療機関でクラスター発生

2021年3月3日 18時57分
千葉県庁

千葉県庁

 千葉県内で3日、新型コロナウイルスに感染した3人の死亡と、新たに164人の感染が発表された。7日ぶりに100人未満に収まった前日の87人から77人の増加で、感染の減少傾向が定着しない現状が浮き彫りになった。
 死亡者の内訳は、千葉市の50代男性と船橋市の80代男性、居住地非公表の80代男性。千葉市の男性はクラスター(感染者集団)が発生した市内の病院に入院中に感染し、転院先の病院で2日に死亡した。
 順天堂大浦安病院で入院患者と看護師ら12人、山武市のさんむ医療センターで患者を含む25人のクラスターがそれぞれ発生した。順大浦安病院は2度目のクラスターで、1月下旬の初回とは別病棟という。

関連キーワード

PR情報

千葉の新着

記事一覧