選択的夫婦別姓、自民森雅子氏「若者目線で答弁を」に首相「意見あったと聞いておく」と返事ひと言

2021年3月3日 20時28分
3日、参院予算委で答弁する菅首相

3日、参院予算委で答弁する菅首相

 自民党の森雅子議員は3日、参院予算委員会で選択的夫婦別姓について質問した。国民の議論を深めるためのタスクフォースの立ち上げを提案したが、菅義偉首相は「そういう意見があったことを聞いておきます」とだけ答え、まともに取り合わなかった。
 森氏は8日の国際女性デーに合わせて、選択的夫婦別姓を取り上げた。男女共同参画担当相や法相など複数の省庁にまたがる問題だとして、政府の男女共同参画会議の議長を務める官房長官のもとに、「国民の議論を深めるためのアンケートを取ったり、調査をしたり、当事者の考えを聞いたりするようなタスクフォースを立ち上げるのはいかがでしょうか」と首相に聞いた。
 菅首相は「そういう意見があったことを聞いておきます」とひと言だけ述べた。
 森氏は「民間では若者がですね、インターネットで一生懸命アンケートを取ったりしている動きがありますので、これからの社会を生きていく若者の目線で、もう一度答弁をお願いできますか」と重ねたが、首相は「今申し上げた通りです」とだけ答えた。
 森氏も「意見を受け止めていただいたというふうに理解をしておきます」と返すと、苦笑や失笑が起きた。

関連キーワード

PR情報

政治の新着

記事一覧