千葉県知事選が告示、8人が立候補 12年ぶり新人対決

2021年3月4日 20時15分
 任期満了に伴う千葉県知事選は4日、告示され、いずれも無所属新人の前千葉市長熊谷俊人氏(43)、市民団体メンバー金光理恵氏(57)=共産推薦、元県議関政幸氏(41)=自民推薦=の他、新人5人の過去最多計8人が立候補を届け出た。3期目の現職森田健作知事(71)は出馬せず12年ぶりの新人同士の対決で、21日に投開票される。

(左から)熊谷俊人氏、金光理恵氏、関政幸氏=届け出順

 新型コロナウイルス対策や2019年の台風豪雨被害を受けた危機管理対策などが主な争点。新型コロナの緊急事態宣言再延長が検討される中、各陣営は出陣式をオンラインで中継したり、握手の代わりに拳や肘でタッチしたりして感染予防に努めた。
 熊谷氏は立憲民主党や国民民主党、日本維新の会などの各県組織が支援。出陣式は立民の野田佳彦最高顧問のほか、公明党の富田茂之衆院議員も姿を見せた。
 金光氏は共産党の推薦候補として、選挙期間中は志位和夫委員長が県内入りを予定するなど、党の全面的な支援を受けて支持拡大を図る。
 関氏は01年の知事選以来となる自民党本部推薦候補。出陣式には小野寺五典・党組織運動本部長が駆け付けたほか、森田知事も応援演説した。
 他に立候補を届け出たのは政治団体代表の後藤輝樹氏(38)、非常勤医師の加藤健一郎氏(71)、元高校校長の皆川真一郎氏(66)、政治団体代表の平塚正幸氏(39)、イベント運営会社社長の河合悠祐氏(40)。(太田理英子)

関連キーワード

PR情報

千葉の新着

記事一覧