<新型コロナ>埼玉県で新たに123人、目立つ高齢者のカラオケ感染

2021年3月4日 21時00分
埼玉県庁

埼玉県庁

 埼玉県内では4日、新型コロナウイルスの新たな感染者123人と死者7人が発表された。県などによると、死亡したのは60~90代の男女。
 クラスター(感染者集団)関連では、ふじみ野介護老人保健施設ベテラン館(ふじみ野市)で入所者1人の感染が新たに判明し、同施設の感染者は計46人となった。医療機関3カ所でも感染が確認され、それぞれ計38人、計58人、計77人。
 川口市は、市内の公立保育所で職員と園児計9人のクラスターを確認したと発表した。この保育所は臨時休所している。
 県によると最近1、2週間で、カラオケをした高齢者の感染例が目立つという。この日発表された感染者にも、既に陽性が確認されていたカラオケ講師の生徒の高齢者が含まれており、県は注意を呼び掛けている。

関連キーワード

PR情報

新型コロナの新着

記事一覧