千葉県で初のコロナ変異株を確認、英国型

2021年3月4日 20時01分
千葉県庁

千葉県庁

 千葉県は3日夜、これまで発表された新型コロナウイルスの感染者のうち、県内在住の50代男性が、英国で報告された変異株に感染していたと発表した。変異株の感染者は県内初。県によると、この男性は海外滞在歴はなかったといい、感染経路は不明。2月中旬に咳とけん怠感が認められ、新型コロナの感染が判明した。国立感染症研究所で検体を調べて3日に変異株だと分かった。
 【関連記事】変異株、19都府県に拡大

関連キーワード

PR情報

千葉の新着

記事一覧