菅首相の緊急事態再延長の根拠なのに…「病床逼迫の定義ない」と加藤官房長官 

2021年3月4日 20時47分
加藤勝信官房長官

加藤勝信官房長官

 加藤勝信官房長官は4日の記者会見で、菅義偉首相が新型コロナウイルスの緊急事態宣言を1都4県で2週間程度再延長する理由に「病床の逼迫(ひっぱく)」を挙げたことを巡り「『逼迫』の定義はない」と説明した。
 加藤氏は「病床の逼迫」について「病床使用率が高いところを指す」と指摘。「地域によっては、ステージ3(感染急増)とステージ4(感染爆発)の間の数値ぎりぎりという状況もある」として、病床使用率が安定的に下がることを見極める必要があるとの見方を示した。
 入院患者の病床使用率は「20%以上50%未満」がステージ3に当たる。2日時点で、千葉県が49.7%、神奈川県は28.9%で、ステージ3の範囲内でも幅がある。(村上一樹)

関連キーワード

PR情報