千葉県知事選 与党の足並みに乱れ、公明は自主投票 

2021年3月4日 23時13分
関政幸さんの応援弁士に立った森田健作知事(中央)

関政幸さんの応援弁士に立った森田健作知事(中央)

 千葉県知事選の選挙戦初日の4日、各陣営には主要政党の国会議員らも駆け付け、候補者との共闘をアピールした。
 自民党は、小野寺五典・党組織運動本部長が関政幸さんの出陣式に参加。「二階(俊博)幹事長から『ぜひとも現地に行ってくれ』と要請があった」と、党を挙げての全面支援を宣言した。
 知事選への対応が決まっていなかった公明党は同日、「自主投票」を決定した。自民党県連から関さんの支援を要請されていたが、自民所属だった県選出国会議員の不祥事を受け、判断を見送っていた。
 一部の公明党県議は、関さんの出陣式に駆け付けた。一方、富田茂之衆院議員は、かねて親交の深い熊谷俊人さんの出陣式に出席。自民への配慮を示しながらも、「与野党対決ではなく、県民党対自分の党を大事にする候補者の戦いだ」とあいさつした。
 立憲民主党は熊谷さんへの県議団支持を決め、野田佳彦最高顧問が激励のあいさつをした。
 また、これまで特定の候補者への支援について言及していなかった現職森田健作知事は、関さんの出陣式で、「若さあふれ、ガッツがある。国ともしっかりパイプを持った男」とエールを送った。

関連キーワード

PR情報

千葉の新着

記事一覧