菅首相、コロナ対策の切り札?「コマーシャルを倍増」 新たな対策は乏しく 

2021年3月5日 22時48分
1都3県の緊急事態宣言延長を決定し、記者会見する菅首相=首相官邸で

1都3県の緊急事態宣言延長を決定し、記者会見する菅首相=首相官邸で

 菅義偉首相は5日、記者会見を開き、新型コロナ特別措置法に基づいて東京、神奈川、埼玉、千葉の首都圏1都3県に発令中の緊急事態宣言について、7日の期限を21日まで2週間再延長すると決定した。変異株の懸念が広がっているが、「テレビCMを倍増させる」などと述べ、新たな対策は乏しかった。
 首相は「2週間は感染拡大を抑え込むと同時に、状況をさらに慎重に見極めるために必要な期間だ。冷静に総合的に考慮して内閣総理大臣としての判断をした」と述べた。
 首相は、再延長することとなった感染防止対策について「ぶら下がり会見で訴えてきた」と強調。さらに、感染の再拡大を防ぐために、テレビCMやSNS、動画を使って、「若者をはじめ幅広い層に対して、宣伝をコマーシャルを従来より倍増ぐらい徹底する」との考えを示した。
 Go Toトラベルの再開については「当面は再開は難しい」との考えを示した。

関連キーワード

PR情報

政治の新着

記事一覧