武豊騎手「騎手全員に厳重注意する」 JRAのコロナ給付金不正受給疑い 騎手13人含む165人が受給、総額1億8000万円を返還へ

2021年3月6日 15時11分
JRA栗東トレーニングセンター=滋賀県栗東市

JRA栗東トレーニングセンター=滋賀県栗東市

 日本中央競馬会(JRA)の調教師や調教助手らが新型コロナウイルス対策の国の持続化給付金を不正受給した疑いがある問題で、JRAは6日、騎手13人を含む165人が受給し、総額は約1億8900万円に上るとする調査結果を公表した。163人が返還済みか手続き中という。2月18日から関係者2748人を対象に調べていた。
 JRAの後藤正幸理事長は「制度の趣旨・目的を十分に踏まえずに受給していたことが判明した。あってはならないことで、中央競馬の信頼に関わる問題になったことをおわびする」とし、日本騎手クラブ会長の武豊騎手は「今後このようなことがないようあらためて騎手全員に厳重に注意する」とのコメントを出した。
 調教師や調教助手らは、管理する馬がレースで獲得した賞金に応じて得られる報酬が新型コロナの影響を受けて減少したとして受給していた。ただ、後藤理事長は1日の衆院予算委員会で「中央競馬の賞金に由来する収入についてはコロナの影響は極めて限定的だ」と述べ、日本調教師会も影響は「ほぼ皆無」としていた。(共同)

関連キーワード

PR情報

新型コロナの新着

記事一覧