記者のつぶやき TOKYO発 宮崎美紀子「『T発荘』の管理人」

2021年3月10日 12時01分

新聞を手に取って、 くるっと裏返した最終面
よその新聞では番組欄になっているところが「TOKYO発」。
私が入社した時は既にこんな変なページ立てだったので、さして疑問を感じなかったが
あらためて調べると1992年2月13日に誕生していた。
なんと、今年30周年ではないか。
TOKYO発、通称「T発」は
最先端の話題の発信、見過ごされていた面白さの発見、埋もれた物語の発掘―
とデスクの引き継ぎメモに書いてあったが、正直、そんな難しいことは考えていない。
専属記者がいない上にノルマもないので、誰かの「書きたい」という気持ちで成り立っている。
だから紙面はカオスになる。
足立区に現れたシカが今どうしてるとか
横浜市の土偶マニアの学芸員が考案した土偶マイムとか
見出しと写真だけで笑える高尾山の「三密の道」とか
一方で戦争や防災をまじめに考える記事も載る。
私の仕事は、T発荘の住み込み管理人といったところ。
電球が切れたら取り換え、玄関を掃除し、外敵から守る塀を修繕して
「書きたい」と手を挙げてもらえるよう住み心地を良くするしかない。
そう、私は「めぞん一刻」の響子さん・・・ちょっと違うか。
※執筆記者の所属は2021年2月24日時点のものです。

関連キーワード

PR情報

東京新聞ほっとWebの新着

記事一覧