「鬼滅の刃」キーホルダー、海外から50円で仕入れ500円で売る 無断販売容疑で高校生男子を書類送検

2021年3月10日 11時19分
 岐阜南署は10日、人気アニメ「鬼滅の刃」のキャラクターのキーホルダーを無断で販売したとして、著作権法違反(著作権侵害)の疑いで、長野県の私立高校に通う男子生徒(18)=前橋市=を書類送検した。署によると、海外サイトから1個あたり約50円で大量に仕入れていたという。「自分で自由に使えるお金がほしかった」と容疑を認めている。
 書類送検容疑は昨年11月9~21日、フリーマーケットアプリを通じて鬼滅の刃のキャラクターが印刷されたキーホルダー2個を無断で販売し、今年2月17日、前橋市の自宅で同様のキーホルダー63個を販売目的で所持し、著作権を侵害した疑い。
 署によると、岐阜県警のサイバーパトロールで発覚した。昨年6月以降、全国30都道府県で計約100個を、1個当たり300~500円で販売したとみられるという。(共同)

関連キーワード


おすすめ情報

社会の新着

記事一覧