河村市長は今すぐ辞職すべきだ…愛知の大村知事が批判

2021年3月10日 19時19分
河村市長(左)と大村知事=2017年2月、名古屋市で

河村市長(左)と大村知事=2017年2月、名古屋市で

 愛知県の大村秀章知事は10日の記者会見で、名古屋市の河村たかし市長が衆院議員時代に廃止を訴えていた国会議員年金を受給していたことが判明したとして「国民への裏切りで政治家の資格がない。今すぐ辞職すべきだ」と厳しく批判した。
 河村氏は9日の市議会本会議で、自民党市議の質問に自身の議員年金受給を認めた上で「全額寄付しようと思っている」と釈明した。
 大村氏は会見で、旧民主党衆院議員だった河村氏が2004~05年ごろにテレビ番組で議員年金廃止を主張した発言記録や、06年に年金廃止法案を提出した際の民主党ホームページの記録を記者に配布。自民党衆院議員だった自身も議員年金廃止に向け活動した経緯に触れ「中心になって訴えてきたのが河村たかしという人。こんなことがまかり通ったら政治不信になる。あきれて物が言えない」と指摘した。
 大村氏は国会議員年金の受給条件を満たしておらず、受け取っていないという。(共同)

関連キーワード

PR情報

社会の新着

記事一覧