選択的夫婦別姓、自民が男性のみで論点整理へ「ニュートラルな方に幹部になってもらった」と下村政調会長

2021年3月10日 19時35分
下村博文政調会長

下村博文政調会長

 自民党は10日、選択的夫婦別姓制度を議論するワーキングチーム(WT)を設置すると発表した。国民の関心の高まりを受け一定の方向性を出す。今月下旬の初会合に先立ち、WT幹部の男性議員のみで論点を整理する方針で、女性の視点を欠く「密室」での議論の進め方に批判が出そうだ。
 WT座長には石原伸晃元幹事長、事務局長に西村明宏氏が就く。この2人と党内の関連部会長の冨岡勉、奥野信亮両氏の計4人であらかじめ論点をまとめる。
 下村博文政調会長は10日の記者会見で「ニュートラル(中立)な方に幹部になってもらった」と話し、女性議員が論点整理に加わらないことに理解を求めた。党内や国民の間に多様な意見があることを踏まえ「拙速な議論はしない」と、期限を設けずに検討する考えを示した。
 選択的夫婦別姓を巡っては、昨年末の第5次男女共同参画基本計画策定の際に党内で議論が紛糾。政府原案では、民法の夫婦同姓規定により96%の女性が結婚で姓を変更している現状に触れていたが、党内の慎重意見を踏まえ、この部分や原案にあった「選択的夫婦別姓(別氏)」の文言が削られるなど記述が大幅に後退した。(川田篤志)

関連キーワード

PR情報

政治の新着

記事一覧