記者のつぶやき 読者部 小形佳奈「声を原動力に」

2021年4月14日 12時01分
読者部員の朝は、読者から寄せられたメールや手紙、ファクスをチェックするところから始まります。
取材担当の筆者も、読者などからの情報提供、依頼を元に取材する「ニュースあなた発」に届いた投稿に目を通し、必要に応じて各部署に情報共有をします。例えば、コロナ禍と戦う医療従事者への感謝のメッセージを掲示するJRの駅を取り上げた記事は駅の利用者から、ミャンマー国軍のクーデターに対する在日ミャンマー人の抗議の声を紹介した記事は当事者から、それぞれ寄せられた情報を担当部署が取材しました。
東日本大震災直後から、被災地の和太鼓グループにTシャツを送る活動を続けてきた70代後半の男性読者を筆者が訪ねた時のこと。「こんな小さなことなのに取材に来てくれるなんて」と驚かれました。
しかし、当人にとって「小さなこと」と思っている行為や思いが、新聞を通じて世に伝わり、読み手の心を動かし、新たな行動を起こすきっかけになることもあります。読者の声を生で聞くようになってから、新聞を手に取ってくれる人々に、より強く思いを致すようになりました。
東京新聞、中でも読者部は、みなさんからの声がなければ日々の仕事が成り立ちません。これからも紙面へのご意見、発言欄へのご投稿、取材依頼、世の中の出来事への疑問など、どしどしお寄せください。
※執筆記者の所属は2021年3月25日時点のものです。
<登録無料! 東京新聞ほっとメルマガ配信中>
コンテンツの更新情報やメルマガ会員限定のチケットや書籍のプレゼント情報など月に2回配信中。
メルマガのお申し込みはこちらから。
 
東京新聞のご購読・無料ためしよみのお申し込みはコチラから

関連キーワード

PR情報

東京新聞ほっとWebの新着

記事一覧