<新型コロナ>都立墨東病院の医師ら5人が長時間会食で感染 マスク着用せず飲酒

2021年3月14日 12時39分
墨東病院

墨東病院

 都は十三日、都立墨東病院(墨田区)の研修医や看護師ら男女五人が業務後に長時間にわたって会食し、その後、新型コロナウイルスへの感染が判明したと発表した。病院内の患者やほかの職員などへの感染は確認されていない。
 都によると五人はいずれも二十代で、研修医や看護師、放射線技師。四日の勤務後、病院近くの居酒屋で午後六時〜同八時ごろに飲み会を開き、その後、研修医の自宅で最長午前零時ごろまで二次会をした。五人は飲酒し、マスクは着用していなかったという。
 九日、男性研修医と女性看護師に発熱などの症状があり、検査で陽性が判明。濃厚接触者の検査で残り三人の感染が分かった。ほかにも病院内で接触のあった患者四人らが濃厚接触者とされたが、いずれも陰性だった。病院は五人を厳重注意とした。診療体制への影響はない。

おすすめ情報