<新型コロナ>茨城県で14、15日で計28人の感染確認 小美玉の高齢者福祉施設でクラスター

2021年3月16日 08時49分
 茨城県と水戸市は十四、十五日、新たに計二十八人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内の感染者は累計六千百九十四人になった。
 十四日は十八人、十五日は十人の感染が確認された。新規感染者二十八人の居住地の内訳は、古河市が五人、常総市と茨城町が各三人など。
 小美玉市の高齢者福祉施設では職員や利用者計五人の感染が分かり、施設内の感染者は累計十二人になった。県は「クラスター(感染者集団)発生との認識」としている。
 また県は、陽性判定された人のうち五百一人について一月二十五日〜三月十四日に変異株の検査を実施した結果、いずれも陰性だったと明らかにした。
 県は、計五十八人の退院などを発表。退院者などは累計五千六百七十六人になった。 (宮尾幹成)

関連キーワード

PR情報

茨城の新着

記事一覧