NTT・澤田社長が有識者会議委員に適切か 経産相「疑惑判明すれば考えないといけない」

2021年3月17日 06時00分

衆院予算委に参考人として招致され、質問に答えるNTTの澤田純社長=16日

 梶山弘志経済産業相は16日の記者会見で、NTTの澤田純社長が経産省の有識者会議委員を務めている是非について「疑惑が判明すればどうするか考えないといけない」と述べ、総務省などの調査結果を踏まえて検討する考えを示した。「社長の責任か、法律違反か、倫理に違反するか、社会通念上好ましくないかも含めて判断する」という。
 澤田氏は「総合資源エネルギー調査会基本政策分科会」の委員の1人で、任期は昨年9月から1年間。梶山氏から「(エネルギーの需給に関わる)デジタル通信に精通している」として任命され、国の全てのエネルギー政策の土台となるエネルギー基本計画の見直しについて議論している。
 これまでの会合で澤田氏は、デジタル化の発展で将来の電力消費は増えると指摘。1月の電力市場価格高騰に際しては、NTT子会社が損失を被ったことを例に制度改正を訴えた。原発の安全性も主張した。(妹尾聡太)

関連キーワード


おすすめ情報