日立で桜開花 観測史上最も早く

2021年3月18日 08時02分

薄ピンク色の花を咲かせた平和通りの桜=日立市で

 日立市は17日、市内のJR日立駅前の平和通りやかみね公園の桜が開花したと発表した。観測開始以来最も早い開花で、市によると1週間ほどで満開を迎える見通し。
 市は1953年からかみね公園で、82年から平和通りで開花の観測をしている。これまで最も早かったのは、ともに2013年と昨年でかみね公園が3月23日、平和通りは21日だった。平和通りには127本の桜並木があり、まだつぼみの状態がほとんどだが、薄ピンク色の花も確認できた。
 市天気相談所の池田恵介係長は「1月まで冷え込みが厳しかった一方で、2月以降は気温が高い日が続き、一気に開花したと思われる」と話した。
 新型コロナウイルスの影響で、毎年4月に開催されていた「日立さくらまつり」は、昨年に続いて2年連続で中止が決まっている。 (松村真一郎)

関連キーワード

PR情報

茨城の新着

記事一覧