さまよえる絵筆 東京・京都 戦時下の前衛画家たち 3月27日〜5月23日 板橋区立美術館

2021年3月24日 07時04分

吉井忠「女(麦の穂を持つ女)」1941年 福島県立美術館

 1930年代後半、日本の前衛画壇は最盛期を迎える一方で戦争に伴い、表現の自由が奪われつつありました。本展では、戦時下に前衛画家たちが描いた作品を当時の資料と共に展示し、時代のリアルを描いたさまを紹介します。
 ◇会場 板橋区立美術館(東京都板橋区赤塚5の34の27)
 ◇開館時間 午前9時30分〜午後5時。入館は午後4時30分まで
 ◇休館日 月曜日(ただし5月3日は開館)、5月6日
 ◇観覧料 一般650円、高・大学生450円、小・中学生200円
 ◇問い合わせ 同美術館=(電)03(3979)3251
 ◇主催 東京新聞、板橋区立美術館

関連キーワード

PR情報

お知らせの新着

記事一覧