「自分の言葉で伝えられる最後の世代」原発事故の経験を演劇に 福島・郡山の高校生

2021年3月25日 17時00分

福島県高等学校演劇コンクールで自らのコロナと震災当時の体験を演じる郡山北工業高校の生徒ら=2020年12月4日、福島市のとうほう・みんなの文化センターで

 東京電力福島第一原発事故後の経験を演劇にした郡山北工業高校(福島県郡山市)の生徒たちは何度も悩んだ。「原発事故を語っていいのだろうか」。事故当時、小学生だった彼らは事故の経験を封印すべきだと感じていた。それでも「私たちが自分の言葉で伝えられる最後の世代」と自覚し、もがき苦しみながらも演じきった。(片山夏子、写真も)

◆コロナ禍と重なる原発事故の放射能

 「放射能もコロナも、既に俺たちの生活に入り込んじまった」「拘束された生活は、経験済みっすよね」「安全性と経済性は両立するのが難しいんだ」
 昨年12月4日、福島市内で開かれた高校演劇コンクールの舞台。郡山北工業高演劇愛好会のメンバー7人の声が響いた。
 芝居は、郡山市の高校生たちが「コロナ禍で演劇ができないまま、高校生活を終えたくない」とオンラインで話し合う場面から始まる。高校生たちは、コロナ禍と原発事故後の経験を重ねて語り合う。このような災害時には大事な情報が隠されるのではないかと不信感を抱く様子が描かれる。

震災当時の体験を話す演劇愛好会のメンバーと顧問・佐藤茂紀教諭(右端)=福島県郡山市の郡山北工業高校で

 芝居の内容について生徒たちに大きな葛藤があった。原発事故をテーマにした芝居に取り組み始めたのは一昨年。当初、郡山市の高校生が事故直後に経験した実話を基にした台本に挑戦した。原発により近い旧避難区域から生徒が転校してきたり、別の生徒が親の働く会社が福島から撤退した関係で関西に転校したりする内容だった。

◆「傷つく人がいるかも」「逃げていても何も変わらない」

 台本は、愛好会顧問の佐藤茂紀教諭(57)が2011年に赴任していた別の県立高の演劇部員の経験を基に書き上演したもの。だが当時の高校生と小学生では、原発事故に対する受け止め方が違った。愛好会メンバーで2年の矢部恭真きょうまさん(17)は「状況に立ち向かおうとする(登場人物の)姿に違和感があった」。事故直後に苦労した大人の姿を見て、矢部さんは震災や原発事故の話は避けなくてはならないと感じていた。
 佐藤教諭は「違和感」を台本に反映した。最上級生が「小学生だった私たちが、原発事故後の経験を語れる最後の世代」と他の生徒を引っ張り、演劇コンクールに出場したが、文化祭では家族や友人に見せることを恐れた生徒らが体調を崩し、一部だけの上演に。矢部さんは「震災を思い出し、傷つく人がいるかもしれないと思った」と明かす。
 昨春、コロナの緊急事態宣言で演劇愛好会の活動ができない中、生徒たちは原発事故直後を思い起こした。3年の新田凌生りょうせいさん(18)は「母親が僕らを必死で守ろうとしてくれた。放射能とコロナ禍は同じ」と言う。矢部さんは「人を『コロナ菌』と呼ぶいじめの話を聞いた時、原発事故後に『放射線』と呼ばれたことを思い出した」と話す。
 「逃げていても何も変わらない」と生徒らは決意。昨年末の演劇コンクールで結実した。3年の小野直輝さん(18)は「原発事故を嫌な思いだけで終わらせたくなかった。つらいことだけどきちんと伝え、みんなが笑顔になれるエネルギーにしたかった」と振り返った。

PR情報

社会の新着

記事一覧