新作狂言楽しんで 来月3日、東京・新宿

2021年3月26日 07時55分
 狂言大蔵(おおくら)流の茂山千五郎(しげやませんごろう)家による「お豆腐の和(わ)らい」公演が四月三日、東京・新宿の紀伊国屋サザンシアターTAKASHIMAYAで開かれる。狂言を初めて見る人にも楽しんでもらえるように新作をそろえた。
 「ニンジャカジャと大名、そしてちょっとタロウカジャ」(二〇一七年初演)は、大名が太郎冠者(たろうかじゃ)に、忍者を集め足の速さや力自慢の競技大会に出場させるよう命じる物語。「維盛」(一九八五年初演)は、死んだと思われていた平維盛が京の茶屋に現れる。「妙音(みょうおん)へのへの物語」(八〇年初演)は、おならで音楽を奏で財を成した男から貧乏な夫婦が演奏法を習う話。

関連キーワード


おすすめ情報