「コロナ入り残りカスでも食ってろ」在日コリアン館長にまた脅迫文書、ヘイトクライムに怒り

2021年3月26日 20時54分
 多文化交流施設「川崎市ふれあい館」(川崎区)の館長宛てに、在日コリアンを脅迫する文書が、「コロナ入り」と称した菓子の空き袋とともに届いていたことが分かった。在日コリアン3世の崔江以子チェカンイヂャ館長(47)は26日、脅迫の疑いで告訴状を神奈川県警に提出し、受理された。

会見する崔江以子さん(中央)ら=川崎市役所で

 崔さんは同日、市役所で記者会見した。同席した弁護士によると、18日朝に封書が届き、A4判の紙に「朝鮮人豚ども根絶やし」「自ら死ね死ね死ね…」などと印字されていた。「コロナ入り残りカスでも食ってろ」との文言もあり、開封済みの菓子袋もあった。
 消印は東京都足立区内で、差出人は「日本人ヘイトを許さない会」として2人の名前があったが、実在の人物かは不明という。

◆昨年1月には脅迫はがき、男に実刑

 ふれあい館を巡っては、昨年1月にも「在日韓国朝鮮人をこの世から抹殺しよう」とするはがきが届き、横浜地裁川崎支部は12月、威力業務妨害の罪に問われた男に懲役1年の実刑判決を言い渡し、確定した。
 崔さんは「昨年の事件が解決し、新しいスタートを切ったばかりなのに、またもヘイトクライム(差別的動機による犯罪)が起きた」と言葉を詰まらせ、「こんなひどいことは社会が許さない。社会正義が示されることを信じています」と述べた。(安藤恭子)

関連キーワード


おすすめ情報

神奈川の新着

記事一覧