複数のボートレーサー、給付金不正受給か フライングなどの出場停止期間をコロナ減収と偽り 競馬界から飛び火

2021年3月27日 18時58分
 新型コロナウイルスの影響を受けた個人事業主に最大100万円を支給する国の持続化給付金を、複数のボートレーサーが不正受給していた疑いがあることが27日、関係者への取材で分かった。フライングなどの違反による出場停止期間の収入減を、コロナの影響と偽って申請した可能性がある。

◆昨年7月には疑惑を把握、競馬界の不祥事で調査開始

 日本モーターボート選手会は遅くとも昨年7月には疑惑を把握。詐欺罪に当たる可能性があるとレーサーに警告したが調査はしていなかった。しかし今月、競馬界で騎手ら約160人の不適切受給が判明。これを受け競技を所管する国土交通省から対応を求められ、ようやく調査を始めた。
 競技運営を担う日本モーターボート競走会などによると、レーサーは約1600人いる。収入は日当や各種手当、賞金があり平均年収は約1600万円。個人事業主で確定申告している。
 フライングなどの違反をすると一定期間レースに出場できなくなる。関係者によると、この期間の減収を悪用し、コロナの影響で収入が減ったとして申請した疑いがある。(共同)

競艇場イメージ

関連キーワード


おすすめ情報

社会の新着

記事一覧