飛鳥山前郵便局に渋沢ポストを設置

2021年3月28日 07時05分

飛鳥山前郵便局に設置された渋沢栄一ラッピングポスト(左)と、渋沢をモチーフにしたキャラクター「しぶさわくん」=北区で(区提供)

 邸宅があったなど北区ゆかりの実業家で、NHK大河ドラマ「青天を衝(つ)け」主人公の渋沢栄一をラッピングした郵便ポストが、区内の飛鳥山前郵便局(滝野川二)に設置された。
 郵便局の有志が発案し、区がイラストなどを提供して実現。日本の近代郵便制度の創設者の前島密(ひそか)は渋沢と親交が深かった縁もあり、近代日本の礎を築いた二人への敬意を表している。
 ポストは、親しみやすく描かれた渋沢のほか、銀行、鉄道、ビール、ガスなど渋沢が手がけた事業がちりばめられているデザイン。全体の色合いも、渋沢が携わったレンガ事業を意識してレンガ調になっている。
 下村昇局長は「郵便局には、渋沢ゆかりの三つの博物館と都電を描いた桜の形の風景印もある。渋沢の功績に思いをはせながら手紙文化に親しんでほしい」と話した。 (砂上麻子)

関連キーワード

PR情報

東京の新着

記事一覧