千葉知事選で100万票差の惨敗、自民県連が検証委員会「いろいろな意味で立て直す」

2021年3月29日 20時05分
渡辺博道氏

渡辺博道氏

 自民党県連は29日、県議団の総会を開き、自民推薦候補が前千葉市長の熊谷俊人さんに100万票差で惨敗した知事選について、県議で構成する検証委員会を立ち上げて敗因分析することを決めた。31日に初回の会合を開き、5月22日の県連大会までに報告書をまとめる。
 河上茂幹事長は「おそらく近いうちに衆院選があるだろう。自民党をいろいろな意味で立て直さないといけない」と説明した。知事選後、渡辺博道衆院議員が県連会長を辞任することを23日に表明。出席者によると、29日の総会で河上幹事長ら県議団の役員にも辞任を求める声が一部で出たが、続投することになったという。(中谷秀樹)

関連キーワード

PR情報

千葉の新着

記事一覧